2011/06/21 火曜日 

消えた五人の小学生

ゆうだいくんが寝る時に、久しぶりに本を読んであげたのが、「消えた五人の小学生」です。自転車に乗った5人の小学生が行方不明になるお話しです。

実はこの本、パパちゃんが小学4年生の時に、担任の先生が、下校前に少しずつ読んでくれた本です。ドキドキしながら、次の日の下校時間が楽しみでした。ストーリーは覚えていましたが、結末は覚えていませんでした。

改めて購入しようとしましたが、まあ当然ながら絶版となっていました。たまたま、古本屋さんで見つけて、うれしくて買った次第です。

ゆうだいくんに読んで欲しかったのですが、自分では読みませんので、パパちゃんが読んであげました。半分ほど読んだところで、寝ちゃいましたけどね。

翌朝、ゆうだいくん、「続きはどうなるの?」と尋ねてきたので、夜、寝る時に続きを読んであげると答えました。

そして夜、続きを読もうとすると、ゆうだいくん、知っていました。パパちゃんが帰宅する前に読んだそうです。といっても、読んだというより、挿絵を見たという感じで、結末は、知りませんでした。

「なあんだ、読んだんだあ」と冷やかすと、ちょっと照れくさそうでした。ゆうだいくん、寝ないで、最後まで聞いてくれました。まあまあ、面白かったそうです。

今日、帰宅すると、明日、この本を学校に持っていくと言ってきました。お友達に話しをしたら、読みたいと言われたそうです。ちょっとうれしいです。

パパちゃん、この本をきっかけに、その後、怪人二十面相や怪盗ルパンに夢中になっていくのでした。

てのり文庫 消えた五人の小学生
出版:国土社
著者:大石 真 作/夏目 尚吾 絵

img11631_3.jpg


TrackBack URL :
2010/06/04 金曜日 

怪談レストラン

ゆうだいくん、先週から、怪談レストランを借りてくるようになりました。テレビの影響ですかね、毎週、欠かさず、見ていますのでね。

寝る際に読んであげていますが、正直言って、あまり気が進みません。ちょっと怖いですから。ゆうだいくんは、途中で寝ちゃいますが、パパちゃんは、怖くて目がさえちゃいます。

ゆうだいくん、毎日、すごいことになっています。ランドセルの中には、教科書とノート、筆箱のほか、国語の辞書、学童で勉強するドリル、かいけつゾロリ2冊、それに、怪談レストランが加わりました。

なぜか、毎日持っていっては、持って帰ってきて、また翌日持っていきます。学校に置いておくということは、しません。そのへんは、硬いです。

片道30分、まあ、足腰が強くなって良いですかね。

怪談レストラン 50巻
出版:童心社
著者:怪談レストラン編集委員会(責任編集 松谷みよ子)、かとう くみこ(絵)

img10601_3.bmp


TrackBack URL :
2010/04/25 日曜日 

くじらいぬ

ゆうだいくん、めずらしく選んだのが、くじらいぬ。

ゆうだいくんが保育園の頃に先生に読んで頂いていた本です。ゆうだいくんが好きらしいと聞いて、我が家でも購入しました。

くじらでもあり、犬でもある、この動物。かわいいです。子供たちと仲良しです。学校にも行きます。子供たちとも遊びます。おもしろいです。

くじらいぬは、犬ですが、犬小屋には住んでいません。くじらいぬは、くじらですので、海を泳ぎますが、タコが苦手です。

ストーリーは、くじらいぬの一日ですね。

出版:ポプラ社
著者:あきやま ただし(さく・え)

img10452_3.bmp

ゆうだいくんの児童書

児童書タイトル・出版・著者日付人気
img90781_3.jpgかいけつゾロリのきょうふの宝さがし
出版:ポプラ社
原ゆたか 作・絵

2009/07/21
img10452_3.bmpママとパパとわたしの本 3
くじらいぬ
出版:ポプラ社
あきやま ただし さく・え
2010/04/25
img90512_2.jpg月刊たくさんのふしぎ
海べをはしる人車鉄道
出版:福音館書店
横溝英一 文・絵

2009/05/17
img90462_2.jpgみどりいろのたね
出版:福音館書店
たかどのほうこ 作
太田大八 絵

2009/04/27
img_1620_2.jpgやまぐにほいくえん
出版:福音館書店
征矢清 さく
大友康夫 え

2008/05/20
img90503_2.jpgおみやげはきょうりゅう
出版:小峰書店
横溝英一 文と絵

2009/05/11
img81252_2.jpgでんきおばけ しんがた
出版:岩崎書店
矢玉四朗 作

2008/12/27
img90452_2.jpgジャックとまめの木
出版:講談社
片山健 絵
神宮輝夫 文
2009/04/18
img90172_2.jpgまんが日本昔ばなし101
出版:講談社
川内彩友美 編

2009/01/29
img_90808_3.jpgハッピイぶんこ8
おばけをとりにいこうよ
出版:草炎社
よこやままさお 作
やまぐちみねやす 絵
2009/08/16
img_2653_2.jpgたんたのたんけん
出版:学研(学習研究社)
中川季枝子 さく
山脇百合子 え

2008/09/25

TrackBack URL :
2009/10/27 火曜日 

横浜の小学生に人気 かいけつゾロリ

横浜の小学生に一番人気がある本が、かいけつゾロリの本だそうです。第二位がハリー・ポッターで、第三位がマジック・ツリーハウスだそうです。

かいけつゾロリは、ゆうだいくんも大好きです。今週も借りて帰っています。どうやら、学校でも読む時間があるらしく、毎日、持って行っては、持って帰ってきます。学校で読む本と家で読む本を分けようとは、考えないようです。

「みんなに読んでもらいたい本」というアンケートの結果、「ヨコハマの子が選んだ150冊」ということで、まとめて頂いたようです。

ゆうだいくん用の購入本として、参考にさせていただきます。


TrackBack URL :
2009/08/16 日曜日 

おばけをとりにいこうよ

今夜、持ってきたのは、「おばけをとりにいこうよ」とゾロリでした。

このところ、ずっと3番目にランクされていて、なかなか読む機会がありませんでしたが、ついに1番目にランクされ、久しぶりに読みました。

ゆうだいくんが、まだ、保育園のころ、おばけが好きなのと、そろそろ児童書を、と思って選んだ本です。

男の子が、幼稚園児の妹といっしょに、神社にお化けを捕りに行くという、お話です。

字も大きいし、漢字には、ふり仮名もふられているので、そろそろ自分で読んでほしいと思う、今日この頃です。

タイトル:ハッピイぶんこ8 おばけをとりにいこうよ
出版:草炎社
著者:よこやままさお 作、やまぐちみねやす 絵

img_90808_3.jpg

ゆうだいくんの児童書

児童書タイトル・出版・著者日付人気
img90781_3.jpgかいけつゾロリのきょうふの宝さがし
出版:ポプラ社
原ゆたか 作・絵

2009/07/21
img10452_3.bmpママとパパとわたしの本 3
くじらいぬ
出版:ポプラ社
あきやま ただし さく・え
2010/04/25
img90512_2.jpg月刊たくさんのふしぎ
海べをはしる人車鉄道
出版:福音館書店
横溝英一 文・絵

2009/05/17
img90462_2.jpgみどりいろのたね
出版:福音館書店
たかどのほうこ 作
太田大八 絵

2009/04/27
img_1620_2.jpgやまぐにほいくえん
出版:福音館書店
征矢清 さく
大友康夫 え

2008/05/20
img90503_2.jpgおみやげはきょうりゅう
出版:小峰書店
横溝英一 文と絵

2009/05/11
img81252_2.jpgでんきおばけ しんがた
出版:岩崎書店
矢玉四朗 作

2008/12/27
img90452_2.jpgジャックとまめの木
出版:講談社
片山健 絵
神宮輝夫 文
2009/04/18
img90172_2.jpgまんが日本昔ばなし101
出版:講談社
川内彩友美 編

2009/01/29
img_90808_3.jpgハッピイぶんこ8
おばけをとりにいこうよ
出版:草炎社
よこやままさお 作
やまぐちみねやす 絵
2009/08/16
img_2653_2.jpgたんたのたんけん
出版:学研(学習研究社)
中川季枝子 さく
山脇百合子 え

2008/09/25

TrackBack URL :
2009/07/21 火曜日 

かいけつゾロリのきょうふの宝さがし

ゆうだいくん、夏休みの読書感想文用でしょうか、小学校から本を借りてきました。小学校に入学して、本を借りてきたのは、初めてでは。

今日、読んだのは、かいけつゾロリのきょうふの宝さがし。ずいぶんと、みんなに読まれたみたいで、ボロボロです。

ゾロリが、ようかい学校の生徒たちの協力を得て、埋蔵金を探すお話ですね。雪女の顔が光る仕掛けがあり、ゆうだいくん、教えてくれました。この本、気に入っているみたいですね。

お宝探しって、おもしろいですよね。冒険の基本でしょうか。ドラえもんでも、アンパンマンでも、お宝探しのストーリーものは、パパちゃんが選んでいるといっても過言ではないですね。

出版:ポプラ社

著者:原 ゆたか 作・絵

img90781_3.jpg


TrackBack URL :
2009/05/17 日曜日 

海べをはしる人車鉄道

今日、ゆうだいくんが選んだ3冊、1冊目は、海べをはしる人車鉄道、2冊目が、アンパンマンとくろゆきひめ、3冊目が、崖の上のポニョ、でした。

1冊目に選んだ、海べをはしる人車鉄道は、月刊たくさんのふしぎ、の中の2006年12月号です。

昔の東海道線は、今の御殿場線でした。今のように、小田原、熱海、沼津を走るようになったのは、昭和に入ってからだったのですね。

その間、人力車、馬車鉄道、人車鉄道、軽便鉄道を経て、熱海線が開通したそうです。なかなか歴史があったのですね。

出版:福音館書店
著者:横溝英一 文・絵

img90512_2.jpg


TrackBack URL :

Copyright © 2007-2009 Triumph Co.,Ltd. All rights reserved.